サロンのフラッシュ脱毛とクリニックの医療レーザー脱毛の違い

全身脱毛したいと思うときに、脱毛サロンにするかクリニックに行くかで迷う方も多いでしょう。

女性脱毛

そもそも両者では脱毛方法が異なります。サロンではフラッシュ脱毛が主流となっています。一方クリニックでは医療レーザーを使って脱毛を行います。そのため脱毛法の違いや特徴についてよく理解することが大切です。

放射エネルギーのパワーの違い

まずサロンのフラッシュ脱毛では施術部位に特殊な波長の光照射を行います。
照射された光エネルギーが毛根にある毛母細胞の黒いメラミン色素に吸収されます。
専用ジェルと光との相互作用によってムダ毛に脱毛効果が生じます。

一方、医療レーザー脱毛ではダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなどで高出力の光エネルギーを照射することで高い脱毛効果を得ることができます。

両者ともに光の性質を利用して脱毛施術を行います。
ただ最も大きな違いは、放射エネルギーのパワーの違いだといえます。

医療レーザーの方は充分な出力があるので、抜群の脱毛効果があります。
フラッシュ脱毛の方は出力が小さいので、1回の施術だけでは余り脱毛効果は期待できません。そのため毛周期に合わせて2~3か月おきに脱毛施術を繰り返す必要があります。

脱毛効果には体質や個人差があるので、施術回数を明確に提示することはできません。普通は4~6回くらいで比較的ムダ毛が目立ちにくくなります。

更に8~12回くらい施術を行えば脱毛を完了できるといわれます。
そのためフラッシュ脱毛で全身脱毛を完了するには、一般的にいって早くとも1年以上はサロンに通う必要があるでしょう。

その点クリニックの医療レーザーはレーザーのハイパワー照射ができるので、サロンとは比較にならない程の脱毛効果があります。ただし医療機器なので、専門の医師のいる医療機関でなければ使用することができません。

フラッシュ脱毛の強み

とはいえ全ての面で医療レーザーが優れているというわけではありません。
例えばフラッシュ脱毛では、出力が小さいので、施術時の痛みが軽いのが特徴です。
人によってはほぼ無痛に感じるほど痛みが少ないので、肌トラブルが起き難くて快適に施術が受けられます。

それに比べて医療レーザーはかなり肌刺激が強くなります。
痛みが苦手な人の中には、クリニックでの脱毛を諦める人もいます。
なので敏感肌の人ならフラッシュ脱毛の方が向いていると言えるでしょう。

また利用者の経済的負担を比較した場合は、フラッシュ脱毛の方が有利になります。
脱毛サロンでは競争が厳しいので、コスト削減などの企業努力をしています。
その結果、格安の料金で全身脱毛を受けることができます。

特に最近は月額制などの導入によって、益々安く利用できるようになっています。

安く効果的に全身脱毛できる脱毛サロンはこちら:全身脱毛福岡おすすめランキング!人気の脱毛サロンはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ