ムダ毛が無くなると汗が出る?汗と脱毛との関係性

ムダ毛を脱毛した後、をかきやすくなったと感じる人がいます。
そのため脱毛と汗腺の活発化には関係があるのではないかと心配になる人がいます。

しかし実際のところ、脱毛サロンなどで脱毛したからといって汗腺の数が増えたり、今まであった汗腺がより活発になることはありません。脱毛後に汗の量が増えたと感じる人が多いのには理由があります。

汗を出す汗腺は毛穴の中に存在します。そのためムダ毛が汗の出口付近にあるわけですから、汗の分泌はムダ毛によって妨げられます。

しかし、そのムダ毛を脱毛してしまうと汗腺を邪魔するものが何もなくなり、汗が自由に毛穴の外に出ることができるようになるのです。これが脱毛後に汗の量が増えたと感じる理由の1つです。

また別の理由も存在します。本来、毛は汗が流れるのを食い止める役割を果たしています。例えば、眉毛の役割を考えてみるなら、それがはっきりと理解できます。

もし眉毛がなければ額にかいた汗が目に流れてきます。そして汗は目に入ってしまい、視界を妨げます。このようなことが生じないようにするために、眉毛は存在するのです。

ムダ毛もこれと似たような働きを有しています。多くの人はワキや腕、そして足に生えているムダ毛を脱毛します。
脱毛後はそれらの箇所にかく汗が自由に流れることになります。汗が流れるのを感じると、人はたくさんの汗をかいている錯覚に陥ります。

このようなことも影響し、脱毛後によく汗をかくようになったと感じてしまうのです。しかしこのような状況はメリットをもたらします。

汗は体臭の発生に大きく関係しています。しかし体臭は汗そのものの臭いではありません。汗が雑菌によって分解されるときに発生する臭気なのです。

汗を餌とする雑菌は毛穴、もしくはその付近にたくさん存在しています。なぜなら餌となる汗がそこにたくさんあるからです。そのためムダ毛が存在しているときは雑菌が繁殖しやすくなり、体臭も発生しやすいのです。

しかしムダ毛がなくなれば汗が毛穴やその付近に溜まることはありません。そのため雑菌の繁殖を抑えることができ、体臭も予防できるのです。

また脱毛後の毛穴は小さくなるのが一般的です。このようなことも雑菌の繁殖や体臭の発生の予防に貢献してくれます。

しかし脱毛後、すぐに毛穴が小さくなるわけではありません。それは徐々に小さくなっていきます。そのため脱毛後の毛穴はムダ毛のない穴であるために、雑菌が繁殖しやすくなります。

それで脱毛後、しばらくは脱毛箇所を清潔に保つように心がけなければなりません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ