脇の脱毛をすると、ワキガが治る?逆にワキガになる?

女性の多くは、全身脱毛か、脇だけの部位脱毛を行う2つのパターンに分かれます。ここでは、脇脱毛とワキガの関係性について述べます。

wakiga

女性にとって脇のムダ毛は邪魔なものですから、処理されている方が多いのではないでしょうか。最近では、低価格で脇脱毛ができる脱毛サロンなども増えてきているので脱毛をする女性が多くなりました。福岡で人気の脱毛サロンはこちら

巷では、脇の脱毛をするとワキガが治ると噂されたり、逆にワキガになるといった噂があります。そこで気になるのが脱毛サロンで脇脱毛するとワキガが治るのか?それともワキガになるのか?気になるところですよね。

実際にワキガと脱毛の仕組みを解説します。

 

脇脱毛でワキガは治らないけど

脇から出る汗は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺から発生します。
主に、ワキガの原因は、アポクリン腺から出た汗が皮脂や雑菌と混ざることで臭いを発します。その、アポクリン腺は毛根周辺にあります。

脱毛サロンで行う施術は、フラッシュ脱毛とよばれ光の力で毛の再生力を弱らせます。つまり、脱毛するとアポクリン腺も同時にダメージを与えることがある為、臭いを軽減することが可能です。

しかし、あくまで毛の再生力を弱くするのでアポクリン腺が残ることもあり、完全にワキガを治すことはできません。

そして、脇の毛があることで、湿度が上がり蒸れることで雑菌が繁殖します。
その雑菌が臭いの原因になることもあります。

つまり、脇脱毛すると、湿度が上がったり蒸れることを抑えることができる為、ワキガ予防になることができるのです。

結論をいうと、脇脱毛をすると、ワキガを治すことはできないけど臭いを軽減させることができるということになるのです。
 

逆にワキガになるという意見を考察

逆に、脇脱毛するとワキガになるという意見があります。
このワキガになるという口コミを見ていると、脱毛することによって脇汗が増えたという意見が目立ちます。

脱毛すると、汗を留めておく脇毛が一切無くなります。
個人差はありますが、脇汗をかきやすくなる方もいるのです。

汗をかきやすく流れやすくなると、以前よりも臭いが強く感じる人もいます。
そういった人が、脇の脱毛したらワキガや臭いが気になると述べているようです。

しかし、脇汗が流れやすくなりますが、アポクリン腺が増えたり雑菌が繁殖することは無いので、脇の脱毛をしたからといってワキガになることはありません。

ワキガの臭いを抑える為に、脇脱毛をすることはムダではないでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ