脱毛サロンの月額制には2種類のタイプがある

脱毛サロンでの施術も一昔前と比べたら、随分と安く済むようになりました。とは言っても、部分脱毛ではなく全身脱毛となるとそれなりの金額になる場合が大半です。

脱毛料金の支払いシステムはサロンによって異なっており、まずはしっかりと支払いシステムについて熟知しておく必要があります。

考える女性

脱毛料金の支払いシステムは、主に一括払いやローンによる分割そして月額制があり、最近では月額制を導入している脱毛サロンが増えてきました。全身脱毛が月額9000円といった様な広告を出しているサロンをよく見かける様になったのではないでしょうか。

脱毛サロンで月額制というと、塾や習いごとの月謝の様に、毎月決まった期日に今月分の施術料金を納めて脱毛を行うといったイメージがあるでしょう。

月額制なら、一括払いのように最初にまとまったお金が無くても構いませんし、分割払いのようにローンを組む必要もないので手軽に脱毛が出来ると思われがちです。

しかし、脱毛サロンの料金システムで注意してほしいのがこの月額制なのです。何故なら、脱毛サロンが月額制と呼んでいる支払いシステムは、一般的に考える月額制とは異なっているケースがあるからです。

脱毛サロンでの月額制には、2タイプの支払い方法があります。
ひとつは、月謝の様に脱毛施術を受ける前に今月の脱毛料金として、ひと月毎に定額料金を支払うというものです。

この場合は先々の費用負担は一切なく、例えば半年間脱毛を続けたなら、毎月1回ずつ合計6回定額料金を支払うだけで済みます。

しかし、もうひとつの月額制は契約の段階で最終的に支払う合計額は決まっており、その合計額を契約期間で割ったものを毎月支払うというシステムです。

確かに支払い額は毎月一定で、月に1回支払う事になるので一見すると前者のタイプと同じように見えます。ですが、内容は全く違っているのです。

こちらは、分割払いと変わりなくローンを組まされているのと同じ事になります。月額制といっても、結果的にはローンを抱えているのだという事を忘れてはいけません。

じゃあ、月額制は怖いものなのかと言うと決してそういう訳ではありません。
確かに全身脱毛が、毎月定額の支払いのみで受けられるというのは金銭的な負担が少なく多くの人にとって魅力的なシステムだと思います。
実際に、契約通りに脱毛出来れば後者の様なタイプの月額制でも困る事はありません。

しかし、もしも何らかの理由で脱毛サロンに通えなくなり、解約をする時に両者間で大きな違いが現れるのです。つど払いのケースでは、途中でいつでも解約をする事が出来るでしょう。

前払いをしている訳ではないので、お金に関しても何の問題もありません。ただ、支払い総額が決まっているタイプの月額制ではローンを組んでいるのと同じですから、そうはいかないのです。

もしも、返金保証がなければ大変な事になってしまいます。大抵の脱毛サロンでは、まだ施術受けていない分の料金は払う必要はありませんが、解約手数料や違約金が発生する可能性が高くなります。

さらに、サロン独自の精算計算が行われ、解約時にはひと月に支払っていた金額よりも高額な料金が請求される事もあるのです。これが、後者タイプの月額制の怖いところとなります。

絶対に解約なんかしない!という意志があるのならどちらの月額制でも構わないかもしれません。しかし、万が一の事を考えると2つ支払いシステムの違いについて知っておく事は、決して無駄ではないでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ